A5ランクのローストビーフ~大阪 豊中のノワ・ド・ココ~


ノワドココ A5ランクのローストビーフ

お取り寄せしたお店
ショップ名
おとなの週末 お取り寄せ倶楽部
楽天市場
おとなの週末 お取り寄せ倶楽部

お取り寄せした物

商品名
ノワドココ A5ランクのローストビーフ〈トリュフソース付〉
商品価格
価格: \10500
送料: \0

ローストビーフといえば、赤身の牛肉というのが定番。
でも、大阪・豊中市にあるフランス料理店「ノワ・ド・ココ」のローストビーフはそんな常識を打ち破る、
最高級といわれるA5ランクの黒毛和牛の雌牛のサーロイン部分をおしげもなく使用!
さらにソースにはトリュフを使うというなんとも贅沢な一品!
口の中ですっと溶ける脂の甘みと、A5ランクならではの、柔らかな肉質は驚愕のおいしさなのだとか!

この贅沢極まりないローストビーフ、特別な日に味わいたい一品になりそう。

おいしさ ★★★☆☆ 2.66 かなり好みが分かれそう。
コストパフォーマンス ★★★☆☆ 1万円は高いけど、お肉の質などを考えるとアリなのかも。
お店について 「厚さ1cmに切り分ける」とあったのですが、もう少し薄い方がいいかと。


すごいですね~!1万円ですよ。
どんなお味か楽しみです!


包装はきちんとされていて、中もとってもきれいです。


ローストビーフが330g、トリュフソース60g、それから自家製の塩がついています。
冷凍便なので、全部凍っています。


裏に書いてある原材料など。


おいしく食べるコツが書かれた紙が入っていたので、その通りにやってみまーす。


いつものフライパンに80℃のお湯を張って、そこで温めます。


ローストビーフとソースを約10分間温める。


1万円のローストビーフ登場~(^O^)/
これが、1万円。これがA5ランク!(←しつこい)


約1cmの厚さに切る。
よく切れる包丁で、小刻みに押して引いて・・を繰り返すと。

切り始めは良かったものの・・・


中心がまだ凍っているような雰囲気。冷たい冷たい!
切るのが大変なほど、凍っていました。

あれ、ちゃんと10分温めたけど・・。
どうやら10分ではまだ解凍しきれなかったようです。
まさか、再度お湯には入れられないので、しばしこのまま解凍されるのを待ちます。


とけたらお皿に盛って、ソースや塩をお好みで絡めて・・・。

いただきまーす!
最高級!A5ランクのローストビーフは、はたしてどんな味わいなのか!

ダークのコメント

評価:★★★★☆

めちゃくちゃうまいです!!味だけでいうなら文句なしに★★★★★なんですが、値段も値段ですし、★1個下げておきます。
しかしながら5、6人で食べるにも多いです。十代の人たちならまだしも・・・油っこすぎて量を食べるには向きません。
20人ぐらいで一人あたり一口、二口食べるのが最善の食べ方ではないでしょうか。あとこの最高級なお肉に見合う料理を家で出せるのか!?と思います。
ソースでも、塩でもおいしいですが、個人的にはソースの方が好きだった。

シャットダウンのコメント

評価:★★☆☆☆

330g一万円のローストビーフってオドロキのお値段ですね!ありがたく頂きました。

柔らかいお肉で、口の中でとろけるまではいかないですが、それに近い感じ。
口の中のそれはもう8割「脂」です。
いい肉の脂は、スッキリしてるとか重くないとか言いますが、これはもう私が消化できる量を越えました。あ、もちろんたくさん食べるものではないのは分かっています。一番下の写真の1枚を食べた時の感想です。

こりゃあ、好みの問題ですねぇ。

一緒に付いている塩は、オレンジの香りですが、
肉と一緒に食べるとオレンジはどこへやら・・。ただただしょっぱーい塩で旨味は感じられませんでした。
逆に、トリュフのソースは、香りがふわーっと広がっておいしいです。

価格以前に肉質が好きになれません。
チープな口の私は、もう少し赤身の方がローストビーフには合うんじゃないかと思いました。

ユリリンモンローのコメント

評価:★★☆☆☆

今までの、ローストビーフとは全く違う物(゜o゜)
油がすんごいの!!
ほんと口の中で脂がじゅわ~~わ~~ってな感じで広がります。
好きな人にはたまらないでしょうが、私は赤身のあっさりしたローストビーフが好みです^m^
ソースもほわっとトリュフの風味が薫ります♪
オレンジ風味のお塩は芳香剤??ってぐらい薫りましたが食べてみるとかなり、しょっぱい塩でした(゜o゜)
小ぶりな割りに、この価格はお高いとしか言いようがないですが、この肉の質なら妥当のでしょうね!
ちょいと、贅沢すぎるローストビーフでした(^^ゞ